• 生前贈与でどのくらい相続税を節約できる?

    生前贈与でどのくらい相続税を節約できるか計算してみます。


    2億円の資産を持っている人が、妻と子供1人に財産を相続したいというケースについて考えてみます。

    そのままなにもせずに死亡をした場合、相続財産の合計は2億円です。

    相続税の基礎控除額は、「3000万円+600万円×法定相続人の数」ですから、財産の総額から4200万円の控除が受けられ、課税対象の資産総額は1億5800万円となります。妻と子供それぞれで半分ずつを相続するので、その半分の7900万円に対して税率30%をかけて計算し、2370万円となります。そこから700万円の控除を受けられるので、妻と子供それぞれに1670万円の相続税がかるという計算になります。


    生前贈与を行った場合、110万円以下なら贈与税はかかりません。

    goo ニュースが有名になってきました。

    また、200万円以下でも税率は10%となるので、相続税の税率よりも有利になっています。

    遺留分減殺請求の時効の情報を利用しない手はないです。

    計算は複雑になりますので、ここでは毎年110万円の贈与を行ったと仮定して考えてみます。
    妻と子供にそれぞれ110万円ずつを毎年贈与して、それを20年間続けたとします。

    すると、合計で4400万円の財産を譲り渡すことができます。その3年後に死亡したとして、死亡時に相続される財産の総額は、1億5600万円まで減らせます。同じように計算をしてみると、妻と子供それぞれに1010万円の相続税がかかるという計算結果になります。

    相続税の金額をそれぞれ660万円も節約できるという結果になりました。



    実際には、もっと複雑な計算が必要になることも多い上、さまざまな特例が用意されているので、生前贈与を考える時は、専門家に相談をしてアドバイスを受けておくことをおすすめします。

  • 最新情報

    • 財産を家族に相続させる場合は、本人死亡時の相続、あるいは本人が生きているうちに財産を渡す、生前贈与の2通りの方法があります。このうち生前贈与は、相続に比べて税金が安い、あるいはほとんどかからないというメリットがあります。...

  • 関連情報

    • 生前贈与でよく行われるのは、一般贈与という方法です。この場合は暦年課税といい、1年間に110万円までの贈与が非課税となります。...

  • 詳しく知りたいなら

    • 生きているうちに財産を分け与える生前贈与のメリットは、どのような点にあるのでしょうか。それは相続に比べると、税金が安いという点です。...

  • 法律をもっと知る

    • 財産の生前贈与は、相続よりも税金が抑えられるというメリットがあるため、最近特に増加傾向にあります。もちろんこの場合は、現金や保険などだけでなく、不動産も贈与することができます。...